Augustsky

30代ゲイが日々のことを書き綴るブログ

小説

趣味で小説書いたりしています。よかったら読んでください。
(上から新しい順)

■洋食屋『Moon river』
田舎にまっすぐ伸びた二車線の国道、正面にも背面にも田んぼという立地に洋食屋がある。2002年の冬休み、アルバイトで雇ってもらいに来た工業高校生・睦。そこで調理のバイトをするギター少年・尚斗。尚斗の祖母で元気な調理担当・片桐と、美しい店長・千歳は、今日も閑散とした店で働く。それぞれの過去を未来に塗り替える中で、少年は成長し、大人は成熟する。閉店寸前の洋食屋が織りなす人々の縁を描く。
https://kakuyomu.jp/works/16816452218623172289

■同僚がゲイなのではないかという思い込み
仙川真一郎は、IT関連の会社員。毎日の弁当の中身を把握していたり、昼休みに散歩に誘ってきたりする後輩、守本侑馬が、実は自分のことを好きなのではないかと思い始める。
https://kakuyomu.jp/works/1177354055514252328

■六日の菖蒲十日の菊
父が癌になった。そこに現れた父の旧友。戸惑う母や姉を気遣おうとする一方で、ゲイの恋人との関係に悩まされる樫原 将人。最後を迎える父の人生で誰も傷つかない選択とは果たしてなんだったのか。
https://kakuyomu.jp/works/1177354055525547891